保証人

保証人の義務って

保証人とは、「債務者が債権者に対して一定の行為をすることを取り決め、もしも債務者が債務を履行しない場合、これに替わって履行をなす義務を負う者をいう。」これは、民法446条で定められており、人的な担保に相当する。保証債務は債権者と保証人との契約によって生じ、保証債務は主たる債務の従たる地位にたつとされています。

保証人と連帯保証人の違いについてですが、保証人が、債権者との契約によって、保証債務について主たる債務の従たる地位にたつ場合、保証人は債権者に対して、債務者に請求せよという抗弁権(催告の抗弁権)と債務者の財産に執行せよという抗弁権(検索の抗弁権)とをあわせもちます。しかし、保証人が、債務者と連帯する保証債務の場合は、連帯保証人には催告の抗弁権がないため、債権者は直ちに連帯保証人に執行することができます。

債務者が債権者に対して一定の行為を取り決める際には、保証人が必要です。一般的にはお金を借りる場合です。家やマンション購入の資金とか事業を始める場合や業務の拡大のため、まとまった資金が必要になります。この時に、債務を保証してくれる人がいないとお金を借り入れできません。

最後に、保証人は債務者(主たる債務者)が債務を履行しない場合に、これに代わって履行をなす義務を負う者であり、債権者に対しての権利として、まず主たる債務者に請求せよという抗弁権(催告の抗弁権)と、まず主たる債務者の財産に執行せよという抗弁権(検索の抗弁権)とをもちます。

最新ニュース

他社借入件数があっても借りれるカードローン
カードローンやキャッシングに申し込む際は必ず他社借入件数や借入金額を尋ねられます。
「新規でカードローンを申請したいけど、すでに他社で借入をしているから審査に通らないのでは?」と思っている方もいるでしょう。
当然ですが他社借入件数が多いほど審査に通りにくくなります。ただ1社〜3社程度の借入件数であればよほどの借入金額でない限り新たに申し込むことは可能です。
実際に、カードローンの審査において他社の借入状況はとても重要な審査基準となっており、他社借入が多ければ多いほど、審査通過が厳しくなりますが、他社借入があっても条件によっては銀行や消費者金融からお金を借りることができます。
当サイトでは他社借入があってもカードローンでお金を借りられる条件や、審査に通りやすい申込方法を紹介します。

アコムは日曜日に即日融資
アコムの審査に申し込みをして借入するまでに一連の流れを知っておくことでスムーズにお金を借りることが出来ます。アコムは借りたいお金の金額が50万円以下なら収入証明も不要ですし申し込んだその日に借りることも出来る大変便利な金融会社です。

プロミス
プロミスの審査に申し込みキャッシングするには必ず審査に通ることが必要になってきます。そして、プロミスは審査に通るコツを知っておくことでその日に融資まで可能な大変融資までが早いカードローンです。

おすすめサイト

審査が甘いカードローンと消費者金融一覧
金利が高くても良いので、とにかくお金が借りやすいカードローンを選びたいという人は、とりあえずは大手の審査の甘い消費者金融に申込みをしてみるというのが、ひとつのポイントです。

メインメニュー